蓄音機とオルガン

SPレコード

SPレコードとは

78rpm record

SPレコードは、1948年頃にプラスチックを材料にmicro grooveで溝を刻んだレコード(long playing:LP)が登場して以降、それ以前の蓄音機用レコードをstandard playingと呼んで区別するようになり、これを略した呼び名。

すなわち、エミール・ベルリナーが開発した円盤状の蓄音機用レコードの総称といってよく、初期の縦溝レコードや片面レコードなども含まれる。1950年代後半まで生産されその後はLPレコードに完全に移行した。

SPレコードという呼称は日本ではよく通用する言い方だが、国際的には“78s”または“78rpm record”と呼ばれることの方が多い。

ウイキペディアより引用

  • 英国輸入盤SPレコード

イギリスより、クラシック,ジャズ、軽音楽を随時輸入しております。

以前のように、入荷レコード一枚づつをアップしておりませんので、店頭でご視聴の上、お求めください。

  • 日本製SPレコード
    国内の古物市場からの仕入で、随時入荷します。
    ただしほとんどがクラシックです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional